%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-14-15-31-17

どうも、様々なクラウドファンディングをまとめている、DMMStarterが誇るヴァーチャルリアリティが充実している、「ヴァリ充」の土居です。今日は、過去にKickstarter(キックスターター)にて成功したVRHMD(ヘッドマウントディスプレイ)をご紹介していきながら、自分が体験した中から、どのVRがオススメかを書いていきます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-14-15-03-07

https://ksr-video.imgix.net/projects/269543/video-177857-h264_high.mp4
Oculus Rift: Step Into the Game(https://www.kickstarter.com/projects/1523379957/oculus-rift-step-into-the-game/description)VR業界で三大HMDの一つとされている、オキュラスリフトです。
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-14-15-04-08
PCに接続して遊ぶタイプですね。オキュラスリフトは、vive(https://www.vive.com/jp/)とよく比べられていました。オキュラスリフトは座ってVRを体験するのに対して、viveはベースステーションと呼ばれるカメラを2台セットすることで、部屋の中を動きながらプレイすることができます。また、専用コントーローラも付いているためVRのコンテンツイベントでは、動き回ったりするものはvive、そうでないものはオキュラスで体験するものが多い印象でした。しかし、オキュラスも最近Oculus touch(https://www3.oculus.com/en-us/rift/)という専用コントローラーを発表し、Oculus Riftにおけるルームスケール機能を制御するシステムをアップデートしています。
Oculus Riftのほかに、Oculus Touchとトラッキング・カメラを使用することで、オキュラスリフトでも部屋の中を動き回ることができます。これにより、Oculus Riftとviveに大きな違いがなくなってきましたので、今後もハイエンドHMDはこの2つが争っていくことが予想されます。ちなみにこれらの商品は、一定のスペックを持ったPCが必要になりますので、ご自宅のPCが対応していない場合、PCも購入する必要がございます。
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-14-15-30-33
https://ksr-video.imgix.net/projects/1775188/video-543952-h264_high.mp4
FOVE: The World’s First Eye Tracking Virtual Reality Headset(https://www.kickstarter.com/projects/fove/fove-the-worlds-first-eye-tracking-virtual-reality?ref=most_funded)
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-14-15-31-17
こちらは2016年11月より、予約販売が開始されました。FOVEの他とは違うところは、視線をトラッキングする点です。これにより、仮想のキャラクターや他のプレーヤーと目を合わせ、共に笑い、コミュニケーションをとることができます。注視点をリアルタイムに特定することで、フォーカスとボケを演出し、現実世界の見え方を忠実に再現することで、一段上の没入感を生み出すことができます。そして、注視点のみにグラフィックのクオリティを集中させることでより快適なVR体験を提案しています。
そしてUI操作を視線で行うことにより、自分では手を動かすことができない方でもVRを体験できるようにした点も非常に優れている点と言えるでしょう。
こちらのプロジェクトは現在、Kickstarter(キックスターター)にて資金調達に成功しており、一番安い商品が$599(https://www.getfove.com/)となっております(2016/11/14時点)。
FOVEは体験できていないので、なんとも言えませんが、非常に興味深いHMDなので、どこかのイベントで体験したいと画策しています。そして、私は色々体験して悩んだ結果、購入したのは上記で紹介していないPSVRでした!(笑)理由は大きく分けて2つあります。1点目はPS4の購入を考えても予算が安くつく点、もう一つはビッグコンテンツが集まりやすいところですかね。ちなみにオススメはRez infiniteです。VR購入を悩まれている方はVR酔いを懸念しているところが多いと思いますが、私も最初は酔いました!!しかし、4日目くらいからは、プレイ後も酔うことはなくなり、1回の体験時間も長くできるようになりました。VRは体験しなければ良さがわからないと思いますので、皆様も是非、色んなHMDをつけてVRを体験してみてください!!私は買って後悔していませんし、非常に満足しております!!
如何でしたでしょうか?今後も面白いプロジェクトを特集してみたいと思います。また、DMMStarterでは、米国クラウドファンディングサービス、Kickstarter(キックスターター)やIndiegogo(インディーゴーゴー)におけるプロジェクト立上げ・申請の支援からプロジェクト実施中・実施後のサポートまで一気通貫でサポートをしています。この記事を読んで興味を持った方はお気軽にご連絡ください。 https://fasp.dmm.com/form/starter_inquiry