woolet

こんにちは。AWESOME JAPANの山崎です。

私事ですが、この間電車にスマホを落としてしまいました。半ばスマホ依存症になっている私にとっては結構なダメージだったのですが、幸い優しい方が駅に届けてくださって翌日無事に戻ってきました。

そういった場合でも、最近のAndroidやiOS端末では落とした時にスマホ・タブレットをGPSやで探し、リモートロックを掛ける「スマートな」機能がついており、私のスマホを探すときにも重宝しました。でも「スマート」でないものを落としてしまった時はどうしましょう?例えば…財布とか。自分は旅先で「スマートでない」定期入れを落として苦労した思い出があります。

最近はKickstarter発であったり大手メーカーから紛失防止用のBluetooth搭載のキーホルダーやタグ等が販売されています。このまとめサイトでも幾つかご紹介したことがあるかと思いますが、大体の場合タグにBluetoothが内蔵されており、専用アプリで距離を表示したりアラームを鳴らすことが出来る仕組みです。しかしああいったタグを購入し、環境を整えるのにはお金がかかりますし、ただでさえかさばる鍵の束や財布などにもっとかさばるキーホルダーをつけるのはスマートではない気がします。また電池交換の手間もあって普及するにはまだ至っていないように思います。

今回紹介するWooletは名前の通り財布(Wallet)ですが普通の財布ではありません。

一見普通の薄型財布ですよね。しかしこの画像にある電波のようなマークが表すように、このスリムな財布はお洒落でありながらBluetoothを内蔵しており、専用アプリとの組み合わせで紛失防止タグと全く同じ機能を発揮できます。

また確認用のスマホを無くしそうになった時は即座に携帯が鳴り出し注意を引いてくれますし、距離を表示してもわからない時はWooletを鳴らして探すことも出来ます。またWooletを落とした時、一体どこで落としたかという情報もGPS付きで表示してくれるのでどこから探し始めればいいかすぐわかります。

財布としての機能も十分です。厚さ9.9mmでカードはクレジットカードサイズ4枚と大きめのカード1枚の計5枚入れることができ、紙幣ポケットに隠しポケットもあるようです。紙幣用のポケットは大きめに作られているようなのでドルはもちろんユーロ紙幣やポンド紙幣でも入るとのことです。1万円札は174×84mmなので日本円の紙幣でも問題なく入りそうです。

スペックはBluetoothの省電力規格であるBluetooth Low Energyを搭載し、iPhone 4S以降のAppleデバイスとBluetooth 4.0対応のAndroidデバイスとなっています。60mまでが検知範囲なので広くはありませんが、それを超えた場合他のユーザーのWooletアプリでも捜索し、発見したばあいGPS座標を送信する機能もあるため検知範囲の制約は軽減されているようです。そもそも離れればスマホに通知が来るのですから60mでも十分かと思います。バッテリーは1年半持つうえ充電装置も搭載するようです。

さて電源です。このようなデバイスに常につきまとうのがバッテリーの問題です。バッテリーを交換する必要があったり、そもそもバッテリーがかさばるようだとせっかくのいいデバイスの良さが殺されてしまいます。Wooletでは圧力か体温による発電装置を搭載する予定だそうで、完成した暁にはどのような電源になるかが知らされるようです。このため基本的に電池交換がいらないというのが売りとのことです。

一つ問題として上げるなら間違って洗濯した時の悲劇ですが、そんなことをしたら財布だけでなく中身も大変なことになり、被害はスマート財布だろうがなかろうが甚大なのであまり気にする必要は無いかもしれません。個人的には落し物の常習犯なのでこういう財布は非常にほしいところです。

執筆時現在(2015年3月上旬)、終了まで4週間を少し切ったところで$15000の目標に対して12万ドル以上の支援を調達しています。ストレッチゴールにはWindows Phoneへの対応や防水タイプの追加等があるので、それらをどこまで達成できるかというところが注目です。

私のように落としてはいけないものを落とすうっかり者やお洒落かつ実用性のあるガジェットに興味のある方は必見です。

プロジェクトページはコチラから、日本からの詳しい支援方法はコチラからどうぞ。

 

 

 


Posted on: 2015年3月15日 | Author: YamazakiWataru
Categories: テクノロジー