bookniture

こんにちは。AWESOME JAPANの山﨑です。

家具というのは基本的に場所を取りますよね。「収納できる」という触れ込みでも結局場所をとってしまいます。そうなると下手に椅子やフットレスト等の家具を増やそうという考えもなくなってしまいますし、突然の来客などいざというときに椅子が足りなかったりテーブルが足りなかったりしてしまいます。

香港発のBOOKNITUREは家具の収納問題を解決する新しいカタチの家具を提案しています。名前の通りBook(本)とFurniture(家具)を合わせたこの商品は紙で出来た折りたたみ式の家具です。閉じれば大型本のように収納でき、開けば円筒形の万能家具になります。

こんな感じですね。これに天板を置けばちょっとしたテーブルに早変わりしますし、クッションを置けば椅子にもなります。

2つ重ねれば机になるという数々の可能性を秘めた家具なのです。紙で出来ているのでとても軽く、持ち運びにも問題ないためピクニックでも使えるかもしれません。

ハニカム構造になっている紙のお陰で軽量かつ高い耐荷重を実現したとのことです。プロトタイプではおよそ170kgの荷重に耐えている画像がアップされています。少しふくよかでも心配いりませんね。

ユニークな家具を提案するBOOKNITUREプロジェクトは執筆時現在(2015年2月中旬)5万ドルの目標に対して2800人以上から30万ドル近い支援を達成しています。残り1ヶ月間のプロジェクト期間を残してすでにここまでということは、今後終了するまでに更なる支援を集めることは間違いないでしょう。

来客の多い方、部屋のスペースに限度があるけどコンパクトな椅子やテーブルが欲しい方は支援してみるといいのではないでしょうか。

プロジェクトページはコチラから、日本からの支援方法はコチラからどうぞ。

 

Posted on: 2015年2月19日 | Author: YamazakiWataru
Categories: デザイン