みなさんこんにちは。AWESOME JAPANの山本です。

 

最近、何かと流行りの「ウェアラブル」ですが、

本日は「手首に巻いて血圧が測れるウェアラブルデバイス」

「H2」をご紹介します。

 

 

H2は日常の生活習慣を管理してくれます。運動やトレーニングだけではなく、飲酒、タバコの摂取、体重の変化、食事の摂取量など、幅広い生活習慣をトレースできます。

 

カラーバリエーションも豊富で、若い世代もカジュアルに使えそうです。

 

専用アプリと連動することで、データを長期的に記録することも可能。

高血圧を患っている方ご本人と、その方をご心配している家族達のために設計された「H2」。

遠隔地であっても、ご両親の健康状態をどこ からでもチェックできます。

 

高血圧の要因の一つに「遺伝」があるため、彼らはここで収集したビッグデータを

次の世代の治療や診断に活かして行きたいと考えているとのことです。

 

 

薬を飲む時間を忘れないよう、アラームで知らせてくれる機能もついています。

 

実は、意外と事例がない「ウェアラブル血圧計」。

一般的に市場に出ている活動量計は、脈拍が計れるものであることが多いです。

(※血圧と脈拍の違いは各自ググってください!)

 

日本国内においても、サムスンの「simband」などが話題にはなるものの、

手首での「血圧」計測は精度に問題があると指摘されるなどなかなか評価が厳しいようです。

 

H2は次代のヘルスケアデバイスとなり得るでしょうか?

現在、indiegogoで資金を募っています。

 

 

 

 

おすすめの商品はコチラ!