social-media-300x207

 

KickstarterやIndiegogoを始めとするクラウドファンディングを成功させるためにマーケティングは重要であり、そのマーケティングの中でソーシャルメディアは最も重要なツールではないでしょうか。
ソーシャルメディアを活用できればプロジェクトの知名度を高めることができます。
今回は、どんなソーシャルメディアを使ったマーケティングをするべきなのかを
それぞれの特徴や目的に触れながら紹介します。

 

ブログを始める
ブログは基本的に無料で、プロジェクトの詳細を書くことが出来るツールです。バッカーがプロジェクト進行に関わっていると感じることが大切であり、そのためにブログは有効な方法です。
他のソーシャルメディアよりも細かく包括的に文章を書くことができ、ソーシャルメディアやメールでリンクも共有されやすいという特徴があります。
このようにブログはバッカーがプロジェクトに一員であると感じやすくなるような深いコミュニケーションを取るために使うことができます。
blogicons_wordpress
Twitterを使う

プロジェクトの知名度を高めるためにとても良いツールがTwitterです。うまく活用できれば沢山の人にRTや出資をしてもらえるでしょう。Twitter上でたくさんの人にプロジェクトを話題にしてもらうことでプロジェクトの信頼性を高められるということも期待できます。

icontexto_inside_twitter

 

 

Facebook ページ
ビジネスやアイデアのFacebookページを作りましょう。ページ名が明確で簡潔になるようにすると良いです。ページをアップデートした時に誰かがいいね!してくれたら広まる仕組みがあります。そのため、興味を引くような内容にすることが大切です。Facebookの投稿は楽しく、写真が中心という特徴があるのでそれに従った投稿がいいでしょう。

facebook (1)

 

 

Pinterestでプロモーション
Pinterestは画像を通してキャンペーンをプロモーションするのに有効です。必ずすべてのピンされた画像からプロジェクトの概要が書かれたwebサイトに移動できるようにしましょう。
当然Pinterestもかなりたくさんのユーザーに見られるのでシェアされるように賢く使う必要があります。

pinterest (1)

 

 


このように目的別にいくつかのソーシャルメディアを活用することがクラウドファンディングキャンペーン成功のために必要ですが、ソーシャルメディアは24時間の運営が必要になってきます。
興味を持ってくれた人が深夜にコメントしてくることもありえます。それに早めに返信することがマナーです。日本からプロジェクトを立ち上げる場合は時差の関係で尚更です。

株式会社AWESOME JAPANは、世界No.1クラウドファンディングプラットフォームである「Kickstarter」にてプロジェクトの立ち上げ支援を目的とするサービスを行っております。
米国、欧州、アジアと様々な地域で生活してきた、日本と海外両方の文化を理解したグローバルなチームによってプロジェクトの立ち上げおよび成功に導きます。
問い合わせバナー0529

 

詳しいソーシャルメディアの使い方などはこちらを参照してください。

via: Ayudos

Posted on: 2014年7月28日 | Author: kouki ooba
Categories: ノウハウ