backers-per-day

Kickstarterのプロジェクト一覧で”popular”のカテゴリに入ることはプロジェクトの成功に非常に重要です。
そうすることで流入が増え、投資してくれるバッカーの数も増加するはずです。
ではKickstarterではどのようなアルゴリズムで”popular”を決めているのでしょうか。
詳細を述べるとデータを多用して説明しなければいけなくなるので、ここでは簡単に3つの重要なことを紹介していきましょう。

1. 1日当たりのバッカー数
2. 資金調達の割合(Percent Funded)
3. 集まっている資金

1日当たりのバッカー数は他の2つよりもかなり重要視されているようです。
そのためバッカーを早く多く集めることが大切です。初日に50人のバッカーを集めれば1日当たり50人ですが同じ数のバッカーを10日で集めても1日当たり5人です。
バッカーを早く多く集めるための良い方法は1ドルや小さい金額のリワードを用意することです。出資金額よりもバッカー数がアルゴリズム上重視されているので少ない資金のバッカーにもリワードを用意することが大切です。
一番良い方法はプロジェクト開始時から魅力的なリワードを用意することでしょう。

 

1日当たりのバッカー数

Picture21-1024x324

 

1日当たりのバッカー数は経過時間が強く関係してきます。
海外のサイトのJEFFさんの分析によれば、表中のトップ15プロジェクト中、3プロジェクトだけしか10日以上popularカテゴリに生き残ることができませんでした。理由は上で述べた通り、時間が経つに連れて1日当たりのバッカー数が減少していったからです。
ですから、popularカテゴリに入るための最も良い日は初日です。彼の分析したデザインカテゴリを例にとってみると、最も少ないもので1日当たり44バッカーだったので、初日で45人集められればpopularカテゴリ入りができたということです。
backers-per-day

 

集まっている資金、資金調達の割合(Percent Funded)

 

1日当たりのバッカー数で並び順を付けられた時に完璧な順序になっていないことに気づくはずです。11位にくるはずのプロジェクトが3位に来ていたりします。
3位のプロジェクトは集まっている資金が多く ($230,592 vs. $85,133) 、資金調達の割合も高い(576% vs. 209%)のです。
さらに5位のプロジェクトは1日当たりのバッカー数で言えば14位です。集まった資金でみれば平均以下ですが、資金調達の割合で並び替えられれば2位なのです。
percent-funded-1024x319

 

 

問い合わせバナー0529
記事、画像は以下のページより
via: Prefundia

Posted on: 2014年7月16日 | Author: kouki ooba
Categories: ノウハウ